メリットの多いASP

ASP(Application Service Provider)とは、業務に必要となるアプリケーションをネットワークを経由して提供してくれる業者やそのようなサービスのことを指します。ECサイトを運営するために必要となるアプリケーションをネット上から提供してくれるのがASPということになりますね。ASPの特徴は、システムのアップデートや保守、メンテナンスを定期的に行ってくれるという点にあり、自社で保守のための管理を行わなくても良い点がメリットと言えます。また、ECサイト構築のためのASPにおいて言うならば、初期費用が低コストで済ませられるという点もメリットです。ECサイトASPの場合は、おおよそ月額1万円程度の料金で運営することができ、中には無料で運営できるサービスもあるなど、フルスクラッチ型やパッケージ型と比較すると安価で導入できることが大きな利点になります。

近年では、クラウド型のECサイト構築サービスを提供してくれるASPも誕生しています。クラウド型、つまりどの端末からでもアクセスするだけで簡単な管理ができ、インフラやECシステムを自社で持たず、且つECシステムが常に最新に保守されるというサービスです。このように、誰でも簡単に、ネット上で店舗を持てる時代が到来したのです。

従来のECサイト構築サービスって?

これまでは、ECサイトを構築しようと思ったら、フルスクラッチ方式でシステムを開発していく必要がありました。フルスクラッチ方式とは一からシステムを全て作っていくというもので、ECサイトのデザインや料金の支払い方法など、全てを自社の好み通りに設計していくことが可能な点がメリットになります。また、自社で今使っている諸システムとの連携させることも可能で、自由度が高いサイトの設計を行える点もメリットに挙げられます。大企業が自社の製品をECサイトを介してネット販売していることがありますが、これはおそらくフルスクラッチ方式で構築されており、莫大な資金を投入しています。サイトのデザインを自由に行えることは、製品ブランドのイメージを伝える上で非常に有効な手段と言うことができますね。

もちろん大企業でなくとも、フルスクラッチ方式でECサイトを構築してもらうことも可能で、自社開発をしないとなると、専門他社に依頼する方法がよく採用されています。またフルスクラッチ方式以外にもパッケージ方式などで作ってもらうことも可能となりますが、どちらも料金が高くついてしまうことがデメリットになります。ざっくりと数百万円から数千万円の資金が必要になると考えておいて良いでしょう。

ECサイトとASP

ECサイトを持つことは企業にとって様々なメリットがあると言われています。全国規模で製品を販売することができる、在庫を持たないことも可能、アクセス分析によってマーケティングを行いやすいなどがメインのメリットになりますね。一方で従来通りの運営の場合、ECサイトのランニングコストには莫大な資金を投入しなければならないというデメリットがありました。新たにECサイトを構築するためにはサーバーを用意してサイトをデザインしたり販売システムを開発したりなど、開設に至るまでには多くの手順を踏まなければならず、満足のいくサイトを開設するためには数百万円から数千万円もの資金を投入しなければなりません。自社で開発を進める以外にも、専門の他社に依頼して製作、管理をしてもらうというビジネスモデルも誕生することになりました。何かとメリットも多いECサイトですが、こういったコスト面での問題が大きなネックになってしまうのです。

近年ではそんなECサイト事情に対して、ASP(Application Service Provider)という形でコスト問題を解消しようとする動きが見られるようになりました。ASPはネット上でシステムを販売する業者のことで、ECサイト構築に必要となる諸ノウハウについても提供されています。そして現在では低価格でECサイトを構築するためにASPを活用するのは常識にまでなってきています。それでは、従来のECサイト構築サービスとクラウド型ECサイトの構築サービスとの違いについて見ていきましょう。